国公立高校・大学合格専門 桜進学塾

桜進学塾は、地域唯一の「通い放題」・「学習習慣が身につく」個別予備校です!

ホームお知らせ ≫ 期末試験の学年平均点 ≫

期末試験の学年平均点

3
 お子様の定期試験の結果はいかがですか?本人はちゃんと自分の点数を報告していますか?
点数が高ければ喜んで自分から見せるものですが、悪い時は聞いても教えてくれない、なんてこともあるのではありませんか?子どもといえど、プライドだけは一人前ですね。

 母親:数学、何点やった?
  子:70点!
 母親:たったそんだけ…?
  子:………😢

 このような会話、よくありませんか?
学年が上がるとテストも難しくなります。こと中学や高校となるとなおさらです。だから点数を聞いた後、「クラス平均」を聞いてみてください。
「平均点が40点で70点」なら、いい方なので褒めてあげてください。「平均が60点で70点」なら普通です。塾では、1科目平均の20点から30点以上を、5科目では100点から180点以上を目標に頑張ってもらっています。

 ある中学で、受験学年ではない数学と英語の定期テストの学年平均がそれぞれ「28点と35点」だったそうです。実力試験でなく期末試験と聞き、心底驚きました!1学年が百数十名という普通の人数にもかかわらず。
生徒のレベルが低いのか、教師の作る問題が難しいのか。
塾の講師が試験を確認したところ、教科書や学校ワーク、授業中に渡されたプリントとは全く違うところから、しかも渡された「試験範囲の紙」とはほとんど関係ない問題だったそうです。
 今年の共通テスト数学の平均点「38点」を思い出しました。
努力して勉強している生徒のことをきちんと考えてもらいたいものですね。
お子様の学校ではどうですか?
 それから、返してもらった答案ですが、修正ノートをただ提出するのでは意味がありません。間違えた問題をしっかり解き直し、理解して提出した方が学力がぐんと上がります。
2022年11月22日 13:00

個別予備校桜進学塾

所在地
〒850-0992
長崎県長崎市江川町179-1
電話番号
095-879-1782
受付時間
10:00〜21:00

モバイルサイト

桜進学塾 受験専門の塾スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら

友だち追加